スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生協の売店に行くと、

ぴーたんくんとリュウくんがいました。
ちょっと入り口から離れた場所にいたので、しばらく声をかけずに観察してました(゜▽゜)



(^^)「おい、ぴーたん。」

(´・ω・`)「なに。」

(^^)「おまえ今年のバレンタインもチョコゼロ?」

(´・ω・`)「…まだ14日じゃないもん。
今日は13日の金曜日だよ、呪われし。」

(^^)「しょうがねーなぁ…
ほら、これ!」

そう言うと、リュウくんは綺麗に包まれたチョコレートをぴーたんくんに手渡しました。

(´・ω・`)「…えぇえ!まじで?!

いいの?!

(^^)「いわゆる逆チョコだ!」





逆も何もないと思いました。



(´・ω・`)「素直に嬉しいんだけど…!」

(^^)「喜んでもらえて嬉しいぜ!」

(´・ω・`)「ありがと~」

(^^)「あ、ちょっと待て、ぴーたん。」

(´・ω・`)「え?」

(^^)「お会計はあちらだ。」

(´・ω・`)「未清算の商品かよ!!!」



…とか言いながらも
リュウくんに手渡されたチョコを素直にレジに持っていくぴーたんくんがあまりにいじらしかったので、

生協を出たところで2人に手作りのチョコをあげました。



(^^)「わ~い、しっぽありがと!」


(´・ω・`)「ありがと~!
これで今年は斜め45°うつむいて歩かなくて済むょ。」


Σ(゜▽゜)「そんなんして歩いてたの?!」

(^^)「お返しはもちろん3倍返しだよな、ぴーたん!」

(´・ω・`)「さ…3倍かぁ…」


(゜▽゜)「や、これ原価30円くらいだから安心して♪」

(^^)「え?」

(゜▽゜)「買ったの材料の板チョコと生クリームだけだし。」



(^^)「…。」


(´・ω・`)「…リュウがよけいな事言いさえしなければ、
夢が壊れなかったのに。」

(^^)「ごめん。」
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

No title

ぴーたんさんとは分かり合えると思っていたのに・・・。

人は悲しいとき、上45°を見るものさ。

鉄筋さん…

上を向いて歩けば道端に落ちているお金を拾えない。
下を向いて歩けば星空が見えない。

…とゆー言葉があります。


かなしいときは首を上下に振りましょう。
ね?どうでもよくなってきたでしょ?(゜▽゜)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。