スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血に行った その1

ぴーたん君とリュウ君と街に繰り出したときの話。

首からプラカードをさげている人がいました。

「献血にご協力くださーい」

見ると、『A型ピンチ』『B型ピンチ』と書いてあります。

(゜▽゜)「そういえば2人とも何型?」
(´・ω・`)「おれO型です。」

(゜▽゜)「いっしょだ~」

(^^)「俺はABだよ♪」
(゜▽゜)「さすがリュウ君、期待を裏切らない!」

(´・ω・`)「あれ、プラカードのいちばん下見て。」

『AB型大ピンチ』

(゜▽゜)「…AB型の人って事故りやすいの?」
(´・ω・`)「AB型の人ってあんま献血しないの?」

(^^)「いやいやいや、なんなのそのいわれなきバッシング!AB型が注意力散漫で冷淡みたいじゃないか!
…あ、てかその上見てよ!!」

『O型大ピンチ!』

(´・ω・`)「…O型はあれだよ、他の血液型の人にも輸血できるから」
(゜▽゜)「うん、不足するのももっともだよ」

(^^)「じゃあ寄ってこっか♪」

と言うわけで3人で献血ルームへ。

つづく
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。