キュウキュウ

1年生のとき、病院実習がありました。

といっても、2日間大学病院のナースステーションで見学するだけです。
1人1人、科を指定されるのですが、やっぱり科によって特徴があります。

みけは産婦人科でとっても楽しかったようです。
(・_・)「赤ちゃんにミルクあげさせてもらえたんだ~」

(゜▽゜)「え・・・?!   ・・・よかったね~!」




「赤ちゃん落っことさなかった?」という言葉がノドまででかかりましたが、
みけはおっちょこちょいっぷりをすごく気にしているので、やめておきました。




(・_・)「看護婦さんいたから大丈夫だもん。ミルクぐらいあげられるもん。」





(゜▽゜)「以心伝心・・・!」




(゜▽゜)「そういえば救急ってすごい大変らしいよ?


(・_・)「あ、そうらしいね。先輩たちもおそれおののいてた。」

(゜▽゜)「おののいてたんだ・・・それは相当だね。今年は救急に行ったのって誰だったんだろ?」



('・ω・`)「よびました?」
どこからともなくぴーたん君登場です。


(゜▽゜)「 わぁ?!   ・・・あ、うん、呼んだ。」



('・ω・`)「今驚いてたじゃん。」


(゜▽゜)「(伝心・・・)」

('・ω・`)「もうやだ~ナースステーションに足踏み入れた瞬間看護婦さんに怒られるしさ。」

(^^)「今は 看護師さん だよ♪」
リュウ君はいつも神出鬼没なので誰も驚きませんでした。


つづく
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)