飲む日焼け止め?!

最近話題の「飲む日焼け止め」

みなさんは聞いたことがありますでしょうか。

以前、患者さんから「飲む日焼け止めってどうなんでしょう」と質問されたことがあります。

その時は恥ずかしながら飲む日焼け止めの存在を知らなかったので、「日焼け止めを飲むの?!」と衝撃を受けました。

もちろん、いわゆる日焼け止めをそのまんま飲むわけではなく、サプリメントだったわけですが。
「飲む日焼け止め」と銘打ったサプリメント、いろいろな会社から出ています。多くは、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンE、ルテイン、リコピンなど、日焼けによる肌のダメージを修復する(または起こりにくくする)成分が含まれています。

飲む日焼け止めブームの火付け役ともいえるあるサプリメントには、シダ植物から抽出した成分が使われているそうです。シダ植物は古代マヤ人が血液浄化のために使っていたそうです。

そう聞くとなんだかとても身体に良さそうな気がしてきませんか?

古代マヤ人が色白だったかどうかはちょっとわかりませんが…。

さて、そのシダ植物から抽出した成分というのが、polypodium leucotomosというもの。polypodium leucotomosには抗酸化作用、メラニン色素産生を抑止する効果や、日焼けによる炎症を抑える効果があるというのです。

通常の日焼け止めにプラスして使うと、より日焼け止め効果を高めることが期待できるという研究結果があります。(比較的新しい成分なので、まだまだこれから研究が進んでいくかと思われます。)

日焼け止めは汗で落ちてしまうこともあるので、サプリメントを飲んでおくとより安心でしょうね。

もちろん通常の塗る日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなどはしっかり使ってくださいね。
どんな万能なサプリメントだって、食事の代わりにはなりません。飲む日焼け止めも一緒です。

注意点として。

シダ植物はアレルギーを起こしやすい植物ではあるので、飲みはじめは少量からためして様子をみてから使うといいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)