スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンネイル…爪カビについて、記事になりました!

記事になりました!
皮膚科医に聞いてみた!グリーンネイル(爪カビ)の原因と対策(教えて!goo ウォッチ) - goo ニュースhttp://news.goo.ne.jp/article/oshietewat/life/oshietewat-72f021436783a685ff39501089642738.html

グリーンネイル、爪カビについてです。
『ネイルまた変えたの?夏らしいグリーンだね』とは言っていられません。

爪カビは緑膿菌という細菌がネイルの中で繁殖してしまった状態。

緑膿菌は、その辺にいるごくごくありふれた細菌ですが、身体の弱った人に感染して繁殖してしまうことがあります。

日和見感染といって悪さをすることがあるのです。
健康な爪であれば、爪の表面を目の細かいヤスリで整えておくと爪カビになる危険はグンと減ります。爪とジェルネイルの間に隙間があいてしまうと緑膿菌がその隙間で繁殖してしまうのです。

ジェルネイルが爪から浮いてしまったら、そのままにせずに、浮いた端を除去しましょう。
もしも爪カビになってしまったら…

まず、爪カビになってしまったネイルはすぐに剥がしてください。

そして石鹸でよく洗って、消毒しましょう。

健康な爪に生えかわるのを待つのですが、早めに治療する必要があるケースもありますので、可能なら皮膚科を受診しましょう。

治療としては、緑膿菌に対する治療とともに、爪カンジダ症や免疫を下げる病気などの、ベースにある疾患への治療をしていきます。

放置してしまうと爪の深くまで炎症がすすみ、爪が変形したり、爪全体が傷付いて成長しなくなってしまうこともあります。

もちろん、治療中の爪にはジェルネイルは厳禁です。

ジェルネイルは、爪色を観察できるような色にしておきましょう。全面に濃い色になっているジェルネイルですと、爪の色の変化に気付きにくく、知らないうちに感染が広がってしまう危険があります。

爪や肌は身体のなかでは端っこの部分。

脳や心臓などの重要な臓器と比べると身体にとっては優先順位が高くありません。

栄養が足りないとき、身体は重要な臓器に優先的に栄養を送ろうとします。

ということは、栄養バランスが崩れたとき、体調が悪いときに、真っ先に影響が出るのは爪や肌。
逆に言えば、爪や肌に気を配っていれば、私たちはずっと健康でいられるのです。
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。