スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くびれができる?!油の吸収をおさえる食べ物!


最近はずいぶんと涼しくなりましたね(゜▽゜)

 

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

さてさて、木の葉が色付くにつれて食欲も増してきた人もいるかと思われます。

 

私もこの時期は送別会やら歓迎会やらで飲み会が多く、脂っこいものを食べなければいけない(いけないわけじゃないんですが、目の前にあると食べちゃうんです…。)機会が増えてまいります。

 

食べた油は、もちろんそのまま身体につくわけではありません。

 

油が身体の中に入ってくると、すい臓という細長い臓器が「リパーゼ」という消化酵素を出します。

 

油は「リパーゼ」によって身体に吸収されるのです

 

 

さてさて、このリパーゼ。

 

すい臓が炎症を起こしてる人なんかには、このリパーゼの働きをジャマするお薬を使います。

そのお薬はアメリカなんかだと市販されてるらしいですが、さすがにそんなお薬を日常的に使うのはあぶないかと思います。

 

お薬でなくても、リパーゼの働きをジャマする物質は食べ物からも摂ることができます

 

黒烏龍茶、ショウガの水抽出物、ニンニクの油抽出物

などに、リパーゼをジャマする働きがあることがわかっています。

 

 

 

つまり…

食べても太らない身体になるには、

 

 

飲み会では烏龍茶

 

豚肉を食べるときはしょうが焼きに!

 

二郎に行くときはニンニクましましに!

 

 

とゆーことですね。

 

 

 

 

※ニンニクいくら食べたところで二郎の摂取エネルギーがどこまで緩和されるのかは謎ですが。

関連記事
スポンサーサイト

Tag : ダイエット

1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。