スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京逓信病院を受けるひとのマッチング対策

私たちの間でまわってたマッチング対策です。


内分泌・代謝内科
・Ⅰ型DMについて
・糖尿病性ケトアシドーシスについて
・循環血漿、組織間液、細胞内液について
・アルドステロンが下がる疾患は?
・副作用で血中尿酸が上昇する薬剤は?
血液内科(5問、選択肢数:5)
・髄外造血をおこすものは?
・PTに関係のないものは?
・血液検査と使用する薬剤の組み合わせ
・骨髄穿刺にて骨髄液が得られない(dry tap)疾患は?
・赤血球数が上昇するものは?
神経内科(10問、選択肢数:4)
・球脊髄性筋委縮症について
・第一骨間筋の支配神経は?
・脳梗塞の原因とならないものは?
・CPKの上昇しない疾患は?
・顔面神経麻痺をおこさないものは?
・深部感覚線維の経路ではないものは?
・髄液検査での異常所見は?
・傍腫瘍症候群について
・パーキンソン病の治療薬でないものは?
・左頭頂葉の障害でおきにくい症状は?
消化器内科(4問、選択肢組み合わせ)
・黄疸の患者に対する初期検査
・逆流性食道炎について
・C型肝炎について
・自己免疫性膵炎

循環器内科
・労作性狭心症について
・不整脈について
・心不全について
・高血圧について
・ジギタリス中毒について
・トロポニンTについて

呼吸器内科
・喘息の治療の第一選択
・びまん性汎細気管支炎の治療
・クラミジア肺炎の治療薬
・肺炎球菌感染の検査
・サルコイドーシスの検査所見(CD4/CD8比)
・マイコプラズマ肺炎の治療薬
・Ⅱ型呼吸不全に分類される疾患
・喫煙と関係のある肺癌
・悪性胸膜中皮腫の胸水所見
・難治性の喀血時に塞栓術を施行する血管は?
・最も予後の悪い肺癌は?
・アレルギー性肺アスペルギルス症の診断の根拠となる検査所見は?
・MPO-ANCA陽性となる疾患は?
・Churg-Strauss症候群を疑う症状は?
・肺線維症に使用する薬剤
・イレッサが著効するのはVEGFにどのような変化がおきている時か?
・結核の検査(クウォンティフェロンについて)
・睡眠時無呼吸症候群の治療
・肺塞栓症を疑う検査所見
・小細胞癌の寛解期における治療方針

消化器外科
・大腸癌について
・GISTについて
・甲状腺がんについて
・IPMNについて
・Crohn病について

呼吸器外科
・自然気胸は中年男性に多い
・緊張性気胸では縦隔が健側に偏位する
・どんな気胸でも必ずドレナージを行う
・気胸の治療では胸腔鏡を使うことがある
・胸腺腫は筋無力症と関係がある
・胸腺腫は良性疾患である
・奇形腫の発生部位は後縦隔である
・神経原性腫瘍は若年者では悪性のことが多い
・悪性胸膜中皮腫は予後不良である
・Ⅲa期の小細胞癌では手術療法を選択することが多い
・Ⅲb期の扁平上皮癌には手術適応はない
・肺癌の治療で胸腔鏡は使わない
・右中葉はS4.5.6からなる
・30mmの肺癌においては肺区域切除が選択される
・転移性肺癌においては肺葉切除が選択される
・肺分画症で多いのは肺葉内肺分画症である
・肺塞栓症の診断には造影CTが有用である
・腺癌は末梢に多い
・呼吸困難の患者において、呼吸器系か循環器系どちらの異常によるものかの診断においてBNPが有用である


*消化器内科・外科
・早期胃癌の内視鏡治療の適応
・潰瘍性大腸炎の大腸癌発生の危険因子
・大腸癌の好発部位
・C型肝炎:RNAかDNAか、肝硬変から癌になる確率など。
・急性閉塞性化膿性胆管炎の症状、治療

循環器内科
・AMIの合併症(心破裂)が生じる時期、心電図
・心不全の症状から左右を判断
・WPWの治療でCa拮抗薬の作用
・リドカインの作用
・ARとASについて
・胎児循環について(5問)
・解剖(5問)

内分泌
・DMの運動療法で行ってもよい患者の状態
・電解質異常→高Na,高K,高Ca,高P,高Mgで意識状態を起こすものを2つ
・DMの診断基準、Ⅰ、Ⅱ型の区別
・先端巨大症でみられる症状
・痛風発作時の治療、メタボリックシンドロームの基準
・膠原病、多発筋炎のマーカー

血液
・APLについて
・再生不良性貧血について
・血友病について
・DICの診断基準にないもの→Dダイマー

呼吸器外科・内科
・カリニ肺炎の診断と治療→β-DグルカンとST合剤
・石綿肺の診断に有用なもの
・小細胞癌のマーカー
・乳癌のオペ適応の基準
・肺気腫の治療→抗コリン薬吸入
・DPBについて→HLA-B54
・アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の治療→経口ステロイド
・サルコイドーシスの診断
・胸腺腫と神経原性腫瘍の好発部位

神経内科
・パーキンソン病の症状
・進行性核上性麻痺の症状でみられるもの
・インターフェロンβの治療効果があるもの→多発性硬化症
・MRIで診断できないもの→てんかん
・アスピリンで再発予防をするのは→脳梗塞
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。