女医のたまご

「○○のたまご」って表現あるじゃないですか。
たまごは孵化する前ってことだから、
「医者のたまご」は医学生?それとも研修医・・・?

あれ、でも研修医はひよこ・・・?


こんなときは、
こまったときのみけ頼みです。

(゜▽゜)「ねぇねぇ、学生って医者のたまごでいいの?」

(・_・)「うん。」



(゜▽゜)「え~…でもそれだと研修医は?」
(・_・)「おたまじゃくし。」





即答ーーー!



ってゆうか、両生類だったんだ私たち。

不安だったので、同じクラスの
ぴーたん (アヒルの卵を、塩、石灰、灰、もみ穀など
をこねた泥で包んで長期間おいたもので、独特の香りと味を持つ。中華料理
の材料に使われる。) 
 にも聞いてみました。



(゜▽゜)「ぴーたん君~」

('・ω・`)「あぁ、どうも。」

(゜▽゜)「女医のたまご って言った場合どんな人想像する?」

('・ω・`)「え・・・一週間後にSRSをひかえてる医者とか・・・?わかんないですけど。」

(゜▽゜)「SRS?」

('・ω・`)「性適合手術(sex reassignment surgery)とか・・・」


('・ω・`)「・・・俺よくわかんないですけど。」




いや、確かに「女医になる前段階」だけども。



とりあえず。
人によって「たまご」の解釈はだいぶ違って


ニワトリだったりカエルだったりIKKOさんだったりすることが判明。


よくわかんないですけど。



なのでメルマガの題名をちょっとだけいじってみました~!

相変わらずナゾな理屈ですが!
 少しでも興味を持ってくださった方はぜひぜひ!


メルマガ登録・解除


 

スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)