龍、虎を呑む

救急の実習で、みんなばらばらに消防署に行くことになりました。
救急車が呼ばれたら、呼ばれたぶんだけ一件一件レポートにして提出するのです。
 
 
(・_・)「あんまりいっぱい呼ばれたら大変だよね。」
みけが心配してました。
 
 
(´・ω・`)「でもまったく呼ばれなくても教授の機嫌悪くなるかもよー。
 
おれなんか産婦人科の教授に、
"お産を見れなかったのは努力が足りないからだ!"
って怒られたことあるもん。」
 
 
もはやイチャモンです。
 
 
まぁでも、普通はまったく救急車が呼ばれない日はありません。
 
実際私はほどよくレポートを書ける件数でした。
 
 
消防署実習を終えた翌日、レポートの提出日のこと。
 
 
(・_・)「りゅうくん何件だった?」
 
 
(^^)「オレ昨日は救急車出動なかったんだよ!!
 
レポートなしで、ラッキー!!!」
 
 
(゜▽゜)「…!!
(りゅうくん、うしろー!)」
 
 
(Q_Qメ)「おう…、うれしそうだな。」
 
(^^)「た、タイガ教授!」
 
 
(Q_Qメ)「お前…、救急出動が0件で喜んでんのか。」
 
 
りゅうくん、大ピンチです。
 
 
(^^)「そりゃぁ、市民のみなさんが健康なのが一番ですから!
 
 
 
(Q_Qメ)「………。
 
 
 
 
 
うははは!そらそうや!
 
 
大河教授は満足げに笑っておりましたとさ。
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

りゅうくんうまい!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)