スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢黄斑変性

眼科で「眼底鏡」というものを使います。

患者さんの目の中(眼底)をのぞいて、網膜の様子を観察する道具です。

これ、初めてだとなかなか使い方が難しいです。


(^^)「ぴーたん、眼底見させてくれ。
…やっぱよく見えないなー。」

(´・ω・`)「りゅう、まだ?いいかげん眩しい。」
(眼底をのぞく間は、光が目にあたってます。)

(^^)「すまんなー。
あぁ…眼底見えないし、腹へったしカレー食べたいし…」


(´ー`)「りゅうくん、見えましたか?」

(^^)「いや~…」

(´ー`)「見えたら今日はここまでにしましょうか。」

(^^)「見えました。」


即答ー!


(´ー`)「それはよかった。ではこっちの目の模型の眼底も見てみてください。」


(^^)「模型もあるんすか。」

(´ー`)「ええ、眼底見えますか?」

(^^)「任せてください!」



(´ー`)「この模型の眼底の黄斑のあたりには文字が書いてありますが、何て書いてありました?」

Σ(^^)「学生を信じてないんですか!!」

(´ー`)「何て書いてありました?」



(^^)「見えない…見えないよ…





この目玉はフシアナか?!」


(´ー`)「模型です。」


しょうがないので、私たちは交代で模型の眼底をのぞいてみました。



(゜▽゜)「! なんか文字見えた!」

(´・ω・`)「なんて?!」

(゜▽゜)「え…と、カタカナの“レ”?あと、“無”って字。」

(^^)「ほかには?!」


文字が一度見えても、ずっと同じところに焦点を合わせるのが難しくて、ぜんぶの文字は見えませんでした。


(^^)「おれ見てみる!」

(゜▽゜)「がんばって」

(^^)「…ぁ、見えたか? “カ”と、“ー”と…
あぁ、視界ぼやけてきた!」


(´・ω・`)「おれも!

“杯”?…と、“料”?」


(・_・)「漢字とカタカナまざってるの?見せてー。


えと…、“カレーー”?」


カレー、伸ばしすぎ。


Σ(´・ω・`)「カレー一杯無料?!」



(´ー`)「excellent!!」


その日は、月に一回のカレーの日。
医局で秘書さんがカレーを作ってくれる日でした。

(^^)(´・ω・`)(・_・)(゜▽゜)「やったーーー!!」

みんなで食べるカレーは、とってもおいしかったです。






ぴーたんくんが白衣にカレーこぼしました。

(´・ω・`)「…これがほんとのカレー黄斑変性。」
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

ぴーたんさん、ざぶとん一枚っ

眼底に書いてある、カレー一杯無料…
なんかシュールですねー。
学びの中に遊びがあるとゆーのはいいですね。
ところで、ぴーたんさんのカレーのしみは落ちたのでしょうか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。