スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)「上は洪水、下は大火事。な~んだ?」

(^^)「天変地異。」


最近、りゅうくんとぴーたんくんがナゾナゾにはまってます。


ナゾナゾなんてゆう言葉を聞いたの、ビックリするぐらい久しぶりです。



(゜▽゜)「なんか難しいクイズない?解けたら スッキリ! ってなる感じの。」

(^^)「おぉ、あるぜ!」

(・_・)「なになに?」


(^^)「紙ある?」

りゅうくんは、紙にペンで

「ツナ」と書きました。

字の綺麗なりゅうくんにはめずらしく、ちょっといびつな「ツナ」でした。

ツはやや小さく、ナは少し左に傾いています。

(´・ω・`)「腹減った…」


(^^)「じゃかじゃん!
これに、丸を2つ加えて、筋肉にしてください。」



※クイズを考えたい人は、ここから先はまだ読まないほうがいいかもしれないです。




(・_・)「きんにく?」


(゜▽゜)「筋肉の材料ってなんだっけ?」


(・_・)「アミノ酸?」

(゜▽゜)「や、でも多分そーゆーアプローチじゃないよね。」

(´・ω・`)「ツナマヨ食べたい…」


(・_・)「なんかてきとーに丸書いて、筋トレしてる人の絵にしちゃう?」


(^^)「絵はダメ!
それ、自由度高すぎるでしょ!」


(゜▽゜)「筋肉…筋肉…」

(・_・)「きんにく…きんにく…」


(´・ω・`)「シーチキン…」


(・_・)(゜▽゜)「ちょっと静かにしてて。」


気がつけば目の前の紙は
「きんにく」「筋肉」「キンニク」で埋め尽くされていました。


そこへ、こつ学の先生が通りかかりました。

(´ー`)「おや、みなさん。
いつも仲が良いですね。何を話しているんですか?」


先生は、私たちの睨んでいる紙をのぞきこみました。

Σ(´ー`)「最近の女子大生の関心事は筋肉なんですか!」


(^^)「いやいや、ちょっと訳がありまして。」


(´・ω・`)「ツナから筋肉って、どうしたら作れますかね?」


(´ー`)「ツナは良いタンパク源ですね。
インナーマッスルを鍛えるなら、ヨガやストレッチがいいですよ。」


いえ、そーゆーことではなく。


(´ー`)「ではがんばってくださいね。」

こつの先生は、風のように立ち去ってゆきました。



(・_・)「けっきょく、筋肉に悩める女子大生ってゆう誤解は解けずじまいだね。」

(゜▽゜)「そしてクイズも解けてないね。」


(´・ω・`)「インナーマッスル…」


(゜▽゜)「マッスル…?」


(・_・)「…あ!“ッナ”に“マル”をたしたら

“マッナル”になる!」


(´・ω・`)「まっなる!」


(゜▽゜)「すごいすごい!だいぶマッスルに近付いたね!

あとは“ナ”が“ス”に変われば…!」


(・_・)「“ナ”の右上の出っ張ってる部分、折っちゃっていい?」


(^^)「ダメだよ!なにその実力行使!!

丸を加えるんだから丸くおさめてよ!」

(゜▽゜)「“ナ”に丸を足すのか…」


(´・ω・`)「あ。」


ぴーたんくんが、“ナ”の真ん中に小さな丸を書き足しました。



“す”



(゜▽゜)「マッすル…。」

(・_・)「マッすル…。」


(え、答え、これ?)

(いやいや、でも…ひらがなまざってるし…)

そんな音無き思いが、私とミケとの間で交わされました。


私たちはりゅうくんの顔をそっとうかがいました。


(^^)「せーいかい!!」


(・_・)「ぴーたんくんすごい!」


(^^)「スッキリしたでしょ?!」



(・_・)「うーん…」

(゜▽゜)「いや、うん、面白いクイズだとは思うんだけど…。」


(・_・)「すッキリ! って感じかな。」
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

なぞなぞ

私が面白いと思ったなぞなぞ
「豊臣秀吉、織田信長、徳川家康の仲で猿といわれているのは誰ですか?」

私が面白いと思ったクイズ
「マッチ棒四本で漢字の「田」の字を作って下さい」

どちらも古典的で有名だから衣川さんも知っているかも…
回答は下にあります。









回答「全員人間です」
回答「四つのマッチ棒を束ねて(まとめて)下からみる」
最近マッチ棒なんか使わないから、ピンとこないかな

>ライナスさん

どっちも初めて聞きました!

2つ目、感動しました。


りゅうくんたちに出してみますねー!
ありがとうございます(゜▽゜)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。