スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りでした 3


「釣りでした」の続きをずっと書くの忘れてました…。

続きです~



港についた私たちは、
さっそく釣り糸を垂らしました。


今回の釣りは、「サビキ」と言って、
一見エビのように見えるビニールが付いている釣り針を使います。
針の近くにカゴがついていて、そこに小さいエビ(本物)を入れて、海の中に撒き散らすとお魚がついでに針も飲み込んでしまうという仕組みです。

撒き餌+ルアーみたいなものです。

(^^)「2口本物のエサを食べさせておいて3口目に釣り針を持ってくるんだ♪」

(>´・ω・`<)「さっきおれがやられたパターンじゃんか…」


(゜▽゜)「このエサってなに?」

(^^)「小エビだよ♪」

(>´・ω・`<)「もうそのエサを食べたい…。」

(^^)「あぁ、食べるか?」

エサじゃなく釣り針のほうを手渡すリュウくん。

(>´・ω・`<)「それは、釣り針だろ…。」

飢餓状態だからか、ツッコミもシャープなぴーたん君です。

(゜▽゜)「そろそろ釣れてるかな~」


竿を持ち上げてみると…


釣り糸の先で、銀色の細長いのがいっぱいピチピチしてました。


(´・ω・`)(^^)「スゲーーー!!」

(^^)「入れ喰いじゃん!」

(´・ω・`)「もっと釣ろう!もっと!」


糸を垂らし、少し揺らして引き上げればアジがどんどん釣れました。


1時間ほどで釣りを切り上げ、私たちはぴーたん君の家に帰りました。

(゜▽゜)「リュウ君ちのほうがキッチン大きいよね?」

(^^)「ぴーたんちで食べようぜ。」

(゜▽゜)「?」

(^^)「一食即解。(食えばわかる。)」


なんでリュウくんの家では駄目なのか。
なんでマオなのか。

謎をはらみつつも車はぴーたん君の家に到着しました。
関連記事
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。