スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモンを味方につける!玄米ダイエット

さてさて、先日低インスリンダイエットについてお話ししましたが。
 
血糖がどかんと上がるものを食べると膵臓からインスリンがだーっと出て、太りやすくなるんですね。
 
じつは、白米なんかはこのインスリンが出やすい食べ物。
 
同じ穀物でも、雑穀や玄米は白米とくらべてインスリンが出にくいのです。
玄米は炊く前にちょっと水につけておく時間が必要ですが、白米を炊くのとそう手間が変わるわけでもありません。
独り暮しなら一週間に一回炊いて1食分ずつ小分けに冷凍しておけば充分です。
 
また、玄米にはビタミンや食物繊維が豊富なので、白米から玄米にシフトすると肌がワントーン明るくなります。
 
食べごたえもあって、美容にもいい。
 
脱穀機なんていらんかったんや!ってなります。
 
 
忙しくて生活が不規則になりがちな現代人ですが、
 
・朝のパンを雑穀パンにかえてみる
・白米を玄米にかえてみる
 
一食でも雑穀や玄米を生活に組み込むようにしてみましょう。
スポンサーサイト

コースダイエット

コース料理では決まった順番でお料理が出てきます。大抵の場合は、サラダがはじめの方に出てきて、お肉などのメインは後のほう、最後がデザートですよね。
 
でもお家のごはんはぜんぶ食卓に揃ってから食べ始めるはず。
 
そうすると好きな物から先に食べてしまって野菜はあとのほうに残るなんてことも多いでしょう。
 
じつは、食事の順番を変えるだけで軽いダイエット効果があるのです。
 
具体的に言うと、キャベツや根菜などの食物繊維の多いものを先に食べると糖の摂取が阻害されて太りにくいのです。
 
逆に、デザートを先に食べると
血糖値がガーンと上がる→インスリンがいっぱい出る→そこから摂取した糖はぜんぶ身体に溜め込まれてしまう
 
とゆー事態に。
 
ダイエットには、サラダを先に食べる!
 
おぼえておいてくださいね。

ローマの休日

りゅうくんが突然言いました。
 
(^^)「みんな、ローマの休日観たことある?」
 
 
(´・ω・`)「やたらと姿勢が良いお笑い芸人じゃないほうのオードリーマーライオンの口に手つっこむやつだろ?」
 
(^^)「手びっしょびしょになるわ!
真実の口だ!」
 
(・_・)「オードリーいいよね
久しぶりに観たくなった。」
みけの一声で、私たちはローマの休日を借りてきて観ました。
 
 
言わずと知れたオードリーの名作、『ローマの休日』。
 
ご存じの方も多いと思いますが、あらすじです。
 
 
~ローマの休日あらすじ~
 
ヨーロッパのある国の王女、オードリーがヨーロッパの国々を訪問してる最中の話。
インタビューに答えたり、演説したり、食事会やらなんやらで疲れてるのに皆にニコニコしなきゃいけなくて、「もういやだー!」ってなりました。
親善旅行の最後に訪れたローマで、夜中に部屋を抜け出し、一人で街へ出ます。
 
そして記者の主人公と知り合い、身分を隠して一緒にローマの街を散策します。
 
主人公はオードリーが王女だってことに気付いてて、密着取材すれば良い記事が書けると思ってオードリーに付き合っていました。
上司にも「特ダネ持ってきますよ」って宣言して、周りからデート資金を借りてオードリーと1日中遊びまわります。
 
 
で、まぁ当然ながら1日が終わるころには主人公にも特別な感情がわいてくるわけで。
 
 
記事にしようって気も無くなってるわけで。
 
 
 
スクープじゃなく、ただの思い出にすることを選ぶわけです。
 
 
 
お互いに身分を明かさないまま別れ、映画のラスト、王女の記者会見のシーン。
 
 
二人は、記者の一人として王女として再会します。
 
 
「ヨーロッパの国々との親交はこれからも続くと思いますか?」
記者から聞かれたオードリーは、
 
「人と人の間に信頼がうまれるのと同じように。」
 
そう答え、主人公のほうを見ます。
 
 
その後に投げかけられた質問
 
「今回の旅行で最も印象に残った国はありますか?」。
 
 
映画の最初のほうで「明日の○○の演説では××でした演説をそのまま使おう」って王女が言ってるシーンがあったんだけど、立場上王女は誰が聞いてもどんな場面で言っても聞こえの良い言葉しか言えなかったんですね。
 
逆に言えば、どっかの国をひいきしたり、誰かと特別な関係になることもなかったわけで。
 
だから、その質問には「どの国も素晴らしかった。」としか答えようがないんだけど…
 
オードリーもはじめはそう答えようとしたんだけど…
 
ためらった末に言うんですよ、「ローマ」って。
 
 
 
いや~…
 
ここ、いいですよね。
 
 
誰かに特別な感情を抱いたりしないで国同士の平和なんて願えないよね。
 
 
ローマを散策してるシーンで、「真実の口」が出てきたんですね。
お互い身分を隠してるときね。
 
嘘をついている人が真実の口に手を入れると、手を噛まれるんだよーって主人公が言います。
 
オードリーは手を入れようとして、ためらいます。
 
 
…これはたぶん、主人公についてる嘘だけが原因じゃなくて。
 
 
ちなみに主人公は迷わず手を入れて「痛ッー!」って言ってました。(もちろんフリですが)
 
主人公は生活していく上でウソもつきますし、そんなことは当然受け入れているわけですよね。
 
 
 
見終わって、みけがつぶやきました。
 
(・_・)「真実の口に噛まれないような人生を送れたら理想的だよね。」
 
 
 
(^^)「おれはウソついてたとしても躊躇ゼロで真実の口に手を入れられるように生きたい。
かまれるってわかってればこわくない!
 
 
(´・ω・`)「…りゅうが手つっこんだら腕ごともげるぞ。

辛いダイエット

ダイエットは辛くて辛くて…大好きなカレーも食べられないなんて!
 
…って、あるダイエット映画で言ってる人がいました。
 
 
 
でも、じつはダイエットにはカレーなどの辛い食べ物はとってもいいんです。
 
もちろん、外で食べるカレーや市販のカレーのルーには炭水化物や脂肪分がたっぷり入ってるのでカロリー過多になってしまいます。
 
でも、カレーにかかせない香辛料はむしろダイエットの味方。
 
香辛料を使えばそのぶん塩分をおさえられるので、からだがむくみにくくなるのです。
 
あ、塩分は水を体にためこんじゃうんですよね。だから血圧があがるんですけども。
高血圧の人は塩分制限しますよね。
 
 
なので、カレーを食べたいときは
 
いつものカレーの材料を炒める→トマト缶をいれて、香辛料(ガラムマサラだとかいろいろスーパーに売ってますよね。)や、カレー粉(ルーではなく、こんなのです→http://www.sbfoods.co.jp/spice-herb/curry/)を入れて煮込む
低カロリーカリー、名付けて低カリー!!
 
を、オススメします。
 
このへんを参考にしてみて、料理のはばを広げてみてくださいね。↓

サバで痩せる?!

なんか最近テレビで「サバの水煮で痩せる!」って番組があったみたいですね(゜▽゜)
 
糖尿病の患者さんの治療に使われる、GLP-1とゆーホルモンがカギみたいです。
 
このホルモンは、腸が脳に「栄養がきたよー!」て教えて、食欲を抑制する効果があるとのこと。
 
 
 
ホルモンが直接サバ缶に含まれているわけではなく、
青魚にたっぷり含まれているEPA 
ダイエットの女王、食物繊維
 
これらを摂取して太りにくい身体を作るんですね。
 
(なんとなくキャッチコピーつけてみた。)
 
 
たしかにお魚好きな人のほうがお肉好きな人より細そうですもんね。
 
ちなみに、お魚中心の村の人のほうがお肉中心の村の人よりも断然脳卒中になりにくいとゆー研究報告もあります。
 
なので、なにも「ヤセるためにサバの水煮を食べまくれ!」とまでは言いませんけれども、
今夜の夕食をお肉じゃなくお魚にしてみてもいいかもしれません。
 
 
ファーストフードに行くならハンバーガーじゃなくフィレオフィッシュにしてもいいかもしれません。
 
どっちにしろ太る太る。
 
 
 
※糖尿病の治療に使うお薬=ヤセる!
とゆー話ではないので要注意です。
糖尿病にはいろんなお薬があっていろんな作用機序があるのです。











1このエントリーをはてなブッ クマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。