病院の怪談

今日は夜間当直でした(゜▽゜)
 
 
夜間の救急車で運ばれてきた患者さんや、ウォークイン(自分で救急外来にきた患者さん)の対応をするのが当直のお仕事。 
※もちろん私一人だけではなく、経験豊富な先生といっしょに対応しますから市民の皆様安心してください。
 
 
平和な夜は当直室のベッドで5時間くらい寝れますし、あわただしい夜は寝れない&次の日の勤務時間になっても救急患者さんの処置をしてることも。。
 
 
 
さて、昨日の話。
(^^)「しっぽ今日は当直がんばれよー」
りゅう君がエールをおくってくれました。
 
(゜▽゜)「うん、がんばる!
 
寝れるといいなー。
当直中って、寝ててもいつ急患が来て起こされるかヒヤヒヤするよね。」
 
 
急患がくるとPHSで連絡がくるんです。
 
 
(^^)「あと、夜中にドアをノックされたりな。」
 
 
(゜▽゜)「ノックはされたことない。
事務のひとか警備員さんが当直室まで来てくれるの?」
 
 
(^^)「え、しっぽまだ経験ない?
夜中ノックされてさ、ドア開けても廊下に誰もいないんだよ。
 
 
(゜▽゜)「はい?」
 
 
(^^)「当直室の前のトイレで、前任の警備員さんが亡くなったらしいよ。
 
 
ちょっと待って、私今日当直だって言ってるのに。
 
 
(^^)「そんで、心臓発作かなんかで亡くなったらしいんだけど、医者も誰も気付かないで帰っちゃって翌日の昼間まで気付かれなかったらしいよ。
 
 
 
(゜▽゜)「怖い怖い怖い怖い!
もう夜中に当直室の前のトイレ行けない!」
 
 
(^^)「な?!怖いだろー?!
 
 
じゃぁおれ帰るね!がんばってー!
 
 
 
 
 
そんなこんなで、震えながら一夜を過ごしました。
 
 
幸いノックはされませんでしたが、ベッドに横たわる→PHS鳴るの繰返しでした。眠い。
 
 
 
まぁ、
よく考えたら病院内なんだから人が亡くなった場所なんてめずらしくないはずなんですけども。
スポンサーサイト

サラダを着た悪魔 ②

インシュリンは、食事をすると急激にあがります。
そうすると、体の中の脂肪細胞が脂肪を蓄えようとします。

なので、脂肪を蓄えたくなければこのインシュリンの分泌を抑えればいいわけです。
では、どんな食べ物がインシュリンを上げるのでしょうか。

「痩せるホルモン」として注目が高まっている「グルカゴン」というホルモンをご存知でしょうか。
グルカゴンとは、インシュリンの分泌が少なくなるとすい臓から分泌されるホルモンで、 脂肪を血中に放出させる働きがあります。
放出された脂肪は筋肉で燃焼しますから、 血糖値を低く保つことで脂肪が燃えやすくなるといえるのです。

「野菜だけ食べていれば太らない」と誤解している方もいますが、たとえば、じゃがいもやにんじんは高GI値(血糖値を上げる)食品。
なので、摂りすぎるとダイエットにはあまりよくありません。
そんなGI値が高い食品を食べる時は、GI値を下げる食べ物・・・お酢や食物繊維と一緒に食べるようにするといいでしょう。

レタス類やチーズ、お豆腐なんかを意識して摂るといいですね。

サラダを着た悪魔 ①

「プラダを着た悪魔」って知ってますか?
ざっくり言うと、有名ファッション誌の編集者になった主人公がファッションやダイエットをがんばって綺麗になる!みたいな話です。
・・・って言っても主演のアン・ハサウェイは最初から美しすぎるんですが。

その中にですね、「炭水化物を食べる人が パリコレに行くなんて許せない!」と、主人公が言われるシーンがあるのです。

ファッション業界では、「炭水化物=悪」みたいです。



でも、もちろん医学的には炭水化物抜きダイエットなんて絶っっっ対しちゃだめです。
人の脳はブドウ糖しかエネルギーとして使えません。

炭水化物は、食べてからゆっくり分解されて糖になります。
炭水化物も糖も摂らないでいたら、頭が働きません。


とは言え、糖(炭水化物)は摂れば摂るほどいいわけではありません。たくさん摂ったら使い切れなかったぶんは身体が脂肪として蓄えておいてくれます。わぁ優秀!

無くても困るけど、ありすぎても困る。
身体の中の糖分の量は、常にほどほどにしておくのがベストなのです。

血液の中の糖の量を、血糖値といいます。
実はこの血糖値を左右するのは、「インシュリン」というホルモン。
すい臓の「ランゲルハンス島」が分泌しています。(ランゲルハンス島って島の名前じゃないんですよね。)

インシュリンは、食事をすると急激にあがります。
そうすると、体の中の脂肪細胞が脂肪を蓄えようとします。

なので、脂肪を蓄えたくなければこのインシュリンの分泌を抑えればいいわけです。
では、どんな食べ物がインシュリンを上げるのでしょうか。

低インスリンダイエット

インスリンって知ってますか?
 
 
血液の中のお砂糖を減らす(血糖値を下げる)ホルモンです。
 
よく糖尿病の人が注射してたりするお薬ですね。糖尿病の人はインスリンが出にくかったり、インスリンが出てても感知する部分が鈍ってたりするんです。
 
 
 
このインスリン、体から分泌されなくなると血糖値が上がりすぎて大変なことになってしまうんですけども、
インスリンがあまり出すぎても美容にはよくないんです。
 
インスリンが出ると
エネルギーを体の中に溜め込んじゃう=太る
わけです。
 
さてさて、カロリーが同じでもこのインスリンが出にくい食品と出やすい食品があります。
 
たとえばお米。玄米のほうが白米よりも消化に時間がかかるためか、インスリンの値が上がりにくいと言われています。
玄米は炊く前に何時間か水につけておかないといけなかったり、少し手間がかかりますが、白米よりもビタミンがたっぷり入っているので私はなるべく一日一食は玄米を食べるようにしています。
 
白米よりは玄米、うどんよりはお蕎麦…と、
時々意識して食べ物を置き換えてみるといいですよ。
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加