スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GODIvalentine

最近は骨学の先生(´ー`)の研究室に入り浸りです。

骨学の先生は、骨学以外にもいろいろなことを研究しています。


(^^)「ヒマだな~」

(´・ω・`)「骨学のせんせーのとこ行く?」

(゜▽゜)「あ、わたしも行く!」


(^^)「…今日は何だと思う?」


骨学の先生の研究室には、先生と、綺麗な助手の女の人がいます。
助手の人は紺野さんといって、グラマラスな美人です。


この間遊びに行ったときには、先生と紺野さんが鬼のコスプレをしてふつうにフラスコを振っていました。

コスプレってゆうか、着ぐるみで。


(゜▽゜)「…なにしてるんですか?」

(´ー`)「やぁしほ君!
これはね、PCR法といって遺伝子の解析を」

(^^)「そうじゃなくて!鬼ルックのほうっす!
ほんと意味わからんことを…」

そのとき、実験中の紺野さんがスポイトをかかげながら口を開きました。

(v_v)「研究室には窓がないの。
季節を感じるには、これ(コスプレ)しか無いのよ。」

(^^)「超わかります!
季節感は技術と引き換えに現代人が失った心の…何かアレっすよね!!」

(´・ω・`)「リュウ、途中から投げやり。」


(v_v)「12月にはサンタさんだったの。」

(^^)「ぼく写真見たいです、写真!!」

机に手をついて頼みこむリュウ君。

(゜▽゜)「わたしも見たいです!」


(´ー`)「はい。」
先生が私に写真を手渡してくれました。

(゜▽゜)「…わぁ。」

(´・ω・`)「すご…ここまでしちゃうんすか…」

(v_v)「やるなら徹底的にやりたいじゃない?」


(^^)「え、ちょっ…、なに?!
俺も見るー!」


写真には、


サンタさんのコスプレをした先生と紺野さんが写ってました。



※長袖長ズボン、白髭つきで。



(^^)「…若いのに見上げた根性だ。」


さて、ここまでがこの間のお話。


(^^)「今日はどんな格好だと思う?」

(´・ω・`)「バレンタイン近いし、板チョコとか?」

(^^)「板チョコのコスプレってどうやるんだ。」


(゜▽゜)「見てからのお楽しみだよ。
失礼しまーす。」

研究室におそるおそる入ると…


ラグビーボールが部屋の片隅で落ち込んでいました。


(^^)「先生…なにしてるんすか?」


(´ー`)「ぼくはもうダメです…」


(^^)「ラグビーの着ぐるみなんて着てるからですよ。」

(´・ω・`)「そんなんどっから探してくるんすか。」


(´ー`)「カカオです!
キミにラグビーボールだなんて言われる筋合いはありません!」

(´・ω・`)「…怒んないでくださいょ。」

(^^)「しかし原料から来るとは思わなんだ。」


(゜▽゜)「そんなに落ち込んでどうしたんですか?」


(v_v)「みんなもチョコ食べる~?」


机の上には、なんとGODIVAの箱が3つもありました。


(^^)(´・ω・`)「いいんすか?!」

(゜▽゜)「GODIVAって高級チョコですよね?!」


(v_v)「いっぱいあるから、何個でも食べていいよ。」


(^^)(´・ω・`)(゜▽゜)「やったぁぁあ!」


(゜▽゜)「これ全部先生がもらったんですか?」

(v_v)「んーあたしがもらったの」

あぁ、そうゆう。


(^^)「うま!
…GODIVAうんま!」
リュウ君が3個目を口にいれたときです。

(v_v)「はい、何個目がGODIVAだったでしょう。」


(^^)(´・ω・`)(゜▽゜)「?!」


(゜▽゜)「中身入れ替えてたんですか?!」


(^^)「…うーん…
2個目はすっごいなんか、コクが違うってゆうか、まろやかな…」

(v_v)「あぁ、チロルチョコ美味しいよね~。」

(^^)「そう、チロルチョコこそ至高っす!チロルチョコ大好き!」

リュウ君撃沈です。


(´・ω・`)「おれは全部うまかったです。」

わたしもどれ食べても「チョコ美味しいな~」以上の感想はありませんでした。

(゜▽゜)「もしかして先生、ハズして落ち込んでるんですか?」

(´ー`)「ぼくはGODIVA大好きなんです。」

(゜▽゜)「どれ選んじゃったんですか?」

(´ー`)「ダース。」


(^^)「ダースは気付きましょうよ!」
(゜▽゜)「ダースは表面にダースって書いてありませんでした?!」


今度遊びに行くときは、ダースを差し入れに持っていこうと思ってます。
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。