スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りでした 2

港まではぴーたん君の車で行くことになりました。


(^^)「えーとね、次右まがって、しばらくまっすぐ。」

りゅうくんはナビシートでナビしてました。


(>´・ω・`<)「おけー。

あ~…はらへった………」

(^^)「ほれ、ぴーたん。」

りゅうくんが何かぴーたん君に手渡しました。

(>´・ω・`<)「ぱく…」

ぴーたん君の顔色はちょっとよくなりました。

(´・ω・`)「チョコだぁぁぁあ!」


しばらく進むと…

(^^)「ほれ、ぴーたん。」

りゅうくんがぴーたん君に何か手渡しました。

(´・ω・`)「ぱくっ」


(´・ω・`)「グミだぁぁぁあ!」

(^^)「顔色だいぶよくなってきたな♪」

またしばらく進むと…

(^^)「ほれ、ぴーたん。」

りゅうくんがぴーたん君に何か手渡しました。

(´・ω・`)「ぱくっ」

…。


(´・ω・`)「ぺっ」

(゜▽゜)「え?!」

(´・ω・`)「かたい。」

ぴーたん君の顔はさっきと同じくらい青ざめていました。

(^^)「よし、それでこそぴーたんだ!」


ぴーたん君の手には、次の料金所ではらう100円玉が握られていました。


(゜▽゜)「100円玉食べちゃったの?!」

(^^)「わざとじゃないぜ?!料金所あるの知ってると思ってた!

まぁ飲み込まなくてよかったじゃないか♪」

(´・ω・`)「…。」


(´・ω・`)「文字通り後味が悪い…。」

(^^)「誰がうまいこと言えと。」


そんなこんなで港に着きました。
スポンサーサイト

釣りでした

ぴーたんくんがここ最近やつれてきてます。

図解すると、

(´・ω・`)⇒(>´・ω・`<)

このくらいになってす。



(゜▽゜)「ぴーたんくん寝不足?」

(>´・ω・`<)「寝てる」

(゜▽゜)「風邪?ちゃんとごはん食べてる?」

(>´・ω・`<)「今朝は水道水をお腹いっぱいいただきました…。」

(゜▽゜)「ごはんは?!」

(>´・ω・`<)「とっくに尽きたよー。
今月の仕送りもバイト代も使いきったもん。」

Σ(゜▽゜)「なんで?!」

(>´・ω・`<)「ヤフオクで良いヘッドフォンが出てて。」

もともとぴーたんくんは音楽が好きですが、夜中の高揚感も手伝って競っちゃったみたいです。
良いヘッドフォン、値段を聞くのもこわいです。

(>´・ω・`<)「あ、さすがに水だけじゃ死ぬから…

家にある砂糖まぜて飲んでるけど。」


なんかもう、虫ですか。


(^^)「じゃたんぱく質足りてないじゃん♪」


いきなりりゅうくん参上です。


(^^)「タダで飯食える方法教えてやろっか?」

(゜▽゜)「そんな方法あるの?!」


(^^)「その方法とは!!」


(>´・ω・`<)「ごくり。」



生つば飲む音が生々しいー!!

(>´・ω・`<)「なに?なに?」


(^^)「釣りでした~!」


(>´・ω・`<)「…言っていい冗談と悪い冗談ってものがある。

…食べるぞ。」


(^^)「脅しが生々しいよ!

その釣りじゃなくて、魚釣り!!」


(゜▽゜)「え、りゅうくん釣りできるの?!」

(^^)「たぶん!!」

(´・ω・`)「道具は?」

心なしか、ぴーたんくんの血色が良くなりました。


(^^)「俺釣りやったことないけど、昨日釣り竿ゲットした!」


(゜▽゜)「また突然な!
なんで買ったの?!」

(^^)「いや、ヤフオクで釣り竿あったから、つい。」




りゅうくんはぴーたんくんと血のつながりでもあるんですか。



(^^)「今日の放課後行こうぜ♪」


とゆうことで、3人で港まで行ってきました。

つづく
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。