伝説の妖車

20090420095229
(^^)「オレもコツつかんだよ♪」

(´・ω・`)「…。」


ぴーたんくんがいつも通りしょんぼりしてました。



話は3日前にさかのぼります。
私とぴーたんくんは、このところずっと車が欲しくてバイトしてました。

(゜▽゜)「ぴーたんくん!
近くの中古車屋さんに走行距離8万くらいでカッコイイのがあって…」

(´・ω・`)「あ、ごめんしっぽ。」

(゜▽゜)「?」

(´・ω・`)「申し訳ないことに、もう一片も興味無いんだ。」

(゜▽゜)「なんで?!」

(´・ω・`)「親戚が車買い換えるからって、前の車ゆずってくれた。」





ナニソレー!!


(゜▽゜)「いいないいな!!どんな車?!」

(´・ω・`)「シルビアだよ」

(゜▽゜)「カッコイイじゃん!!」

(´・ω・`)「ボロいけど…

でもガルウィングなんだよ。」

※ガルウィング…上に開くドアのこと。



(゜▽゜)「それって…」


(^^)「伝説の妖車、か…」


Σ(゜▽゜)「リュウ君いつのまに?!」

(^^)「車に選ばれし者しか乗れない、あのシルビアだろ?」

(゜▽゜)「マガジン読んでる人にしかわかんないけどね。」
※マガジンに連載してた漫画「ジゴロ次五郎」に、主人公にしか乗れないガルウィングドアのシルビアが出てくるんです。

(^^)「でもマジでそんな車あんのかよ?
運転してみていい?」

(´・ω・`)「ふふ…できるものならね。」

ぴーたんくんは一度家に帰り、シルビアに乗って戻ってきました。


(^^)「………ボロ!!」

Σ(゜▽゜)「リュウ君!」

(^^)「まぁキー貸せよ♪」


(´・ω・`)「ほら。」


(^^)「おぉっ、ホントにガルウィングじゃん、すげー」

ドアはふわっと上にあがりました。

リュウ君は運転席に座りました。

(^^)「…。」

(´・ω・`)「ふふ」

(^^)「…ん、あれ?なんで?」

エンジンがかかりません。

(´・ω・`)「おれしか乗れないんだ。」


(^^)「ぇマジ?!
ちょっとやってみろよ!!」

ぴーたんくんが運転席に座り、キーを差し込むと…


「ブォン…!」


やすやすとエンジンがかかりました。

同時にオーディオから


「ちゃちゃ!ちゃちゃちゃちゃちゃちゃ!!」


セーラームーンの主題歌とおぼしき歌のイントロが流れたのは、


全員聴かなかったことにしました。




(^^)「すげーじゃん!ぴーたんしか乗れないの?!」

(´・ω・`)「ふふ…
だから伝説の妖車なんだ。」


(^^)「車検通るの?!」

(´・ω・`)「むりかも」





あ、むりなんだ。



ここまでが3日前の出来事です。

そして今日。
(^^)「俺もコツつかんだわー」

(゜▽゜)「コツ?」

(^^)「キーさして、ちょっと手前に引きながら回せばエンジンかかる♪」


(´・ω・`)「…。」
ぴーたんくんは、今日もいつも通りしょんぼりしてました。
スポンサーサイト

めずらしく

医学部らしい話も書いてみます(゜▽゜)


大学では講義のほかに実習があります。
ネズミを使った実験をしたり、学生同士でいろいろな検査をしあったりするんです。


今日の昼休み、ミケが野菜ジュースを飲んでました。

(゜▽゜)「もうお昼ご飯食べたの?」

(・_・)「ちゅー」

(゜▽゜)「…それ、お昼ご飯?」

(・_・)「ぷは。
うん、今日はこれだけ。」

(゜▽゜)「お腹すかない?!」

(・_・)「だって午後の実習、摂食行動調べるんだもん。」

(゜▽゜)「摂食行動?」

(・_・)「脳に注射して、食欲がどう変わるか調べるんだよ。」

(゜▽゜)「…あの、」

(・_・)「お腹いっぱいだと実験できないじゃん。」

(゜▽゜)「今日の実験対象はマウスだと思うよ…」


(・_・)「え?」


(゜▽゜)「いや、だって、学生の脳に注射って危なすぎでしょ!!


………まぁマウスも可哀想だよね。
出来たらやりたくないなぁ…。」


(・_・)「しっぽ。」


(゜▽゜)「うん?」

(・_・)「そういう犠牲のもとに医学は成り立ってるんだよ。
だから目を背けちゃだめ。」

(゜▽゜)「!!

…ごめんなさい。」

(・_・)「というわけで、しっぽが反省してる間に私はオニギリ買ってきます。」


Σ(゜▽゜)「てゆうかミケ、今の今まで勘違いしてたのに、
なにソッコーで悟しモードに入ってたの?!」

春休みもそろそろ終わりです

今日は、春休みの宿題のレポートをやりにリュウくんとぴーたんくんとマクドナルドに来ました。

(^^)「ビックマックセット1つ!
ピクルス抜きで♪」
リュウくんは好き嫌いが多いです。

(゜▽゜)「マックってそんな注文できたんだ~
…ってリュウくんピクルス嫌いなの?!
美味しいのに!」

(^^)「うん、すっぱいじゃん♪」

(゜▽゜)「それがいいのに…」

(^^)「あ、あとハンバーガー1つ。
僕の分のピクルス、こっちに入れてください。」

(゜▽゜)「勝手に私の注文しないでください!
…でもありがとう!!」

(^^)「ぴーたん決まった?」

(´・ω・`)「あ、おれハッピーセット、ハッピー抜きで…。」


(^^)(゜▽゜)「…は?」

(´・ω・`)「ハッピーセット、ハッピー抜きで。」

いや、繰り返されても。


どうやら「ハッピー抜き」=「オマケ無し」の意味らしいです。


(^^)「な…!
もったいねぇぇえ!」

(´・ω・`)「え、だっておもちゃ使わないし…」

(^^)「店員さん、やっぱハッピーあり!
ハッピーありで!!

この
“ドラえもん 宇宙の冒険にレッツゴー! うきあがるよ!”
って書いてあるやつください!!」


(゜▽゜)(恥ずかしいーーー!)


(^^)「まぁみんなが幸せになれるんだからいいじゃないか♪」



春休みも終わりに近付き、またこんな日常に戻ります。
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加