ついつい2

なんか、「そばアレルギーの方へ 当店はご無理です」って書いてあったお蕎麦屋さんを思い出させる一刀両断っぷりです。



(゜▽゜)「どうしようどうしよう…!先生に頼みこめないの?!」

衣川、大慌てです。



(´・ω・`)「笑うしかないよ」

ぴーたん君、笑ってないです。



(^^)「追追試いつかなー」

さすがのリュウ君も…





…いつもの笑顔です。


(゜▽゜)「…ついついし?」

(^^)「生科の先生去年もこう言って追追試したよ♪」




え…

(゜▽゜)「さすが経験者!」
(´・ω・`)「追試の神様!」

(^^)「声でかいよ」




とゆーわけで、衣川は友達2人いなくなっちゃう危機を脱しました。(とりあえずは)
スポンサーサイト

ついつい

先週、ぴーたん君に
「生命科学略して生科のプリントコピらせて」って頼まれました。

時すでに生科の追試の2日前。

(ちなみに私とぴーたん君とリュウ君は追試組です。)



(゜▽゜)「今から勉強始めるの?!」

('・ω・`)「いや~そろそろやんなきゃなって思って」

(゜▽゜)「大物すぎる・・・」





膨大な量のコピーが済むと、ぴーたん君は言いました。

('・ω・`)「ありがとー。たすかっ

(゜▽゜)「・・・」

('・ω・`)「・・・たかどうかはわかんないけど、どうもありがとう。」

(゜▽゜)「まぁ、がんばろう・・・」



それが先週の話です。

昨日答案が返されました。
衣川はなんとか合格、

試験の前日に追追試いつ?って言ってたリュウ君とぴーたん君はひっかかってしまいました。


(゜▽゜)「あ、さっき先生が

「追試受験者への連絡事項は掲示板に書いてあるので、確認しておいてください」

って言ってたよ!」


3人で掲示板に走ります。




『追試験で不合格だった者は、2年生から3年生に進級することは出来ない。』


(゜▽゜)('・ω・`)(^^)「・・・。」

ニュース

江東区のマンションで女性が行方不明になった事件、被害者の方と同じ階の男性に容疑がかかってるみたいですね。

たしか事件がおきたばかりの時には
「不審な男が入り口の防犯カメラに映っており、事件との関連を調べています」
ってニュースで言ってたような。

「え~この人そんな不審かな?!犯人じゃなかったらかわいそすぎだろ~…(´・ω・`)」
ってぴーたん君が言ってましたが…、

結局防犯カメラに映ってた人は無関係?ι

骨学

骨学の授業のときの話。

先生が、6人組の班ごとに骨が入った箱を配りました。
(´ー`)「今日は骨のスケッチをしてもらいます。」

やほいヽ(゜▽゜)ノ
スケッチ得意な衣川大喜び。

(´ー`)「みなさんの目の前にあるのはとても古いヒトの骨です。いまは規制が厳しいので、壊してしまうと代わりはめったに手に入りません。」

(´ー`)「みなさん黒板を見てください。これが上腕骨、これが尺骨…あれー、指示棒どこだ?」

リョウは先生の方すら向かずに、さっそく骨を取り出しています。

(^^)「わ~これが尺骨かぁ!よし、仲良く6等分しようぜ。」

(゜▽゜)「ちょ…!壊れる壊れる!!ι」

そのときクラスのみんなから声があがりました。

「ちょ…w」

(゜▽゜)「?」

不思議に思って黒板のほうに目をやると…

(´ー`)「ここからこの向きに筋肉がのびています」

骨学の先生が、上腕骨で黒板指してた。

ちょ…ww

きもだめし2

2人でこっそり車に戻り、エンジンをとめました。


(^^)「10秒ね」

(゜▽゜)「う、うん・・・」

あたりは完全な闇につつまれます。
小雨が木の葉を打つ音だけがトンネル内に響いていました。

(゜▽゜)「10…9…3・2・1、ゼロ!!
ガマン出来なくなった衣川は車のキーを回しました。

(^^)「早いよ!!」

ブロロン…
エンジン音とともに、前方が照らされました・・・。

そこに浮かんだのは・・・、






白い布を身体にまとった男の姿でした。



(゜▽゜)「うわぁぁぁ?!」

どうやら私はアクセルを踏んだらしく、車は彼をめがけて急発進。

「ちょ・・・!」リュウの友達は回転しながら道の端へ倒れこみました。

急いでハンドブレーキをひき、ドアをあけます。

(^^)「大丈夫か?」

リュウの友達はよろめきながらも、なんとか立ち上がりました。




(゜▽゜)「ご、ご、ごめんっ!受身とれた?!ぶつかった?!」


リュウの友達「いや・・・セーフ・・・」

(゜▽゜)「受身とれた?!」
衣川、まだ動転しています。


リュウの友達「わかんないっす・・・でもぶつかってはないです。」
(^^)「なんでそんなに受身の有無気にするん!」



幸いなことに、シーツ持参してまで衣川の肝を試そうとしてくれたリュウ君のお友達は無傷でした。。



帰りは助手席に座りましたが、

「お化け出てもゴーストスイーパー衣川さんが退治してくれるから安心だね!」
と、何度も言われ、


衣川は寝たふりをするしかありませんでした。

きもだめし1

こんにちは! 「学校の怪談」で本気泣きする衣川しほですー!


そんな私ですが先日、オカルトマニアの友達に肝試しに行こうと誘われました。
うちの学科内では「リュウ」の通り名で知られている人です。留年したから。

そのリュウに、

「4月の健康診断で肝試した?試してないでしょ?異常の早期発見が長寿につながるよ。」

と、言葉巧みに言いくるめられ、
リュウとその友達、衣川の3人で行くことになりました。

夜の8:30に待ち合わせでしたが、8:40くらいに待ち合わせ場所に着くと2人は既に車に乗っていました。



(゜▽゜)「おはよー」

リュウ「おそよー(^^)」
(゜▽゜)「ごめんなさい。」

(^^)「後ろの座席に座っていいよ。」

(゜▽゜)「うん!」

リュウの友だち「せまくない?」

(゜▽゜)「あ、大丈夫ですー。そしてはじめまして。」

ドアが閉まり、車はスムーズに走り出しました。
県道に出たあたりで、リュウはいつもの笑顔で屈託なく言いました。
(^^)「そんなこわくないから大丈夫だからね。」

(゜▽゜)「うん!」

(^^)「ちょっと山奥でちょっと焼身自殺あっただけだから。




あと車乗る前には言い忘れてたんだけど、ときどき帰り道に見知らぬお婆さんが座るらしいよ、後部座席に。」
(゜▽゜)「せまいですエコノミークラス症候群必至です 席かわって下さい。」


(^^)「トンネルに着いたらね~」


(゜▽゜)「・・・待って、もしかしてトンネルの中で車から降りるの?!」

(^^)「向こうに着いたら決をとります。」

(゜▽゜)「聞いてない聞いてない聞いてない!!


暗くうねった山道を30分ほど走り、短いトンネルが見えてきました。
車1台分の幅のトンネルの中央で車はとまりました。
多数決の結果2対1で、車から降りることに。



民主主義に疑念を抱きました。







まわりには民家も交通標識も無く、車のライトで照らされたところ以外は闇でおおわれています。

ほんとうに小さなトンネルなんです。
一車線しかないし、短いんです。


なのに。


真ん中には、小さなお地蔵様が。
その足元には5円玉が何枚もお供えされていました。

(^^)「震えてるよ。」

(゜▽゜)「さっ…さむいんです!・・・あれ?お友達は?」

(^^)「あいつちょっと奥のほう探索してくるって。怖いのちょー好きだから。」

(゜▽゜)「一人で?!」

(^^)「それでも物足りないって言ってた。だからちょっとおどかさない?


    エンジン切って車のライト消しちゃおうよ♪10秒くらい!
    そんで焦ってこっちにもどってきたところを、発車。しっぽひどいなぁ~!」

(゜▽゜)「置き去り?!・・・しかも実行犯、私?!」

(^^)「ホントには置き去りにしないよ。携帯あるし、ちょっとビビらすだけだから大丈夫だって!

(゜▽゜)「う~」

(^^)「あれーあんま乗り気じゃない?俺ら3人の中で一番のビビリー、今んとこダントツでしっぽだよね。」
(゜▽゜)「やる。」


つづく

最近よく、ドラマを観にみけの家に行きます。


印象が強いのは、やっぱり『ラストフレンズ』。


(゜▽゜)「題名から切ないイメージだよね~」


(・_・)「でもファーストフレンドのほうが切ないよね。」




みけの一言はいつもじわじわ効きます。

ご丁寧に単数形にするところが。


(・_・)「ハタチ過ぎて。」


もういいです。




その法則でいくと『絶対彼氏』『多分彼氏』でしょうか。

ところで衣川はとても影響を受けやすいので、
『絶対彼氏』を観たあとは、しばらくロボットしゃべりになります。

たつお

大学で「組織」ってゆー授業があります。

いろいろな器官の細胞を勉強する科目です。
某精神科医の先生のせいで、ミトコンドリアは存在感無い生き物の代名詞みたいに思い込んでましたが、
ふつうに必要らしいです。衣川もまだよくわかってませんが・・・。

で、「よくわかんなきゃ!」と一念発起してファミレスのココスに向かって組織学の教科書を開きました。

CA390062.jpg




ふんふん。基底果粒細胞は粒が入っててはじっこに・・・


CA390062-0001.jpg



・・・ちょっとまって、たつお

あわててページをめくります。

すべての絵に たつお と記してありました。

CA390063.jpg



絵のはじっこどころか、細胞組織にまぎれてたつお


ところが最後のほうになると、
CA390064.jpg



「た」。


「つお」まで書く手間を省いたんでしょうか。

10時間ココスにいて、この教科書の筆者がたつお先生だということだけは覚えました。

女医のたまご

「○○のたまご」って表現あるじゃないですか。
たまごは孵化する前ってことだから、
「医者のたまご」は医学生?それとも研修医・・・?

あれ、でも研修医はひよこ・・・?


こんなときは、
こまったときのみけ頼みです。

(゜▽゜)「ねぇねぇ、学生って医者のたまごでいいの?」

(・_・)「うん。」



(゜▽゜)「え~…でもそれだと研修医は?」
(・_・)「おたまじゃくし。」





即答ーーー!



ってゆうか、両生類だったんだ私たち。

不安だったので、同じクラスの
ぴーたん (アヒルの卵を、塩、石灰、灰、もみ穀など
をこねた泥で包んで長期間おいたもので、独特の香りと味を持つ。中華料理
の材料に使われる。) 
 にも聞いてみました。



(゜▽゜)「ぴーたん君~」

('・ω・`)「あぁ、どうも。」

(゜▽゜)「女医のたまご って言った場合どんな人想像する?」

('・ω・`)「え・・・一週間後にSRSをひかえてる医者とか・・・?わかんないですけど。」

(゜▽゜)「SRS?」

('・ω・`)「性適合手術(sex reassignment surgery)とか・・・」


('・ω・`)「・・・俺よくわかんないですけど。」




いや、確かに「女医になる前段階」だけども。



とりあえず。
人によって「たまご」の解釈はだいぶ違って


ニワトリだったりカエルだったりIKKOさんだったりすることが判明。


よくわかんないですけど。



なのでメルマガの題名をちょっとだけいじってみました~!

相変わらずナゾな理屈ですが!
 少しでも興味を持ってくださった方はぜひぜひ!


メルマガ登録・解除


 

あなた~ ごはんにする?ライスにする?それとも お・こ・め?

衣川はごはんが好きです。
白米、玄米、もち米と、普段からいろいろ食べてます。

ところがみけはその遙か上をいき、ごはんをおかずに3杯おかわりできるくらいだそうです。ごはんを。

そんな私たちには理解できない人がうちのクラスにいました。

その名も、ぴーたん (アヒルの卵を、塩、石灰、灰、もみ穀などをこねた泥で包んで長期間おいたもので、独特の香りと味を持つ。中華料理の材料に使われる。) 

あ、ぴーたんってゆーのはアヒルの卵を、塩、石灰、灰、もみ穀などをこねた泥で包んで長期間おいたもので、独特の香りと味を持つものです。よく中華料理の材料に使われます。

・・・まぁ今の説明でわかると思いますが、ちょっと珍しい食べ物です。

入学したてのころ、衣川が横浜出身だとわかるや否や、

('・ω・`)「毎日ぴーたんかぁ・・・」

とだけ言って風のように去っていきました。
たぶん横浜には中華街があるので、そのことを言っていたんだと思います。

おかげで私がみんなから ぴータン とゆー名誉ある称号を授かりそうだったので、
(゜▽゜)「いや、きっと今の人がぴーたん大好きで毎日ぴーたんなんだよ」と、
まさに
ぴーたんって言うほうがぴーたんなんだぞー!
な理屈で ぴーたんってゆーあだ名から逃れました。


事実、ぴーたん君はぴーたん大好きで冷蔵庫にはキロ単位のぴーたんがあるそう。


ぴーたん君は('・ω・`)←こう見えてけっこうグルメなのです。



そんなぴーたん君ですが、主食はさすがにぴーたんではありません。

毎日パンを作っているそうです。



(゜▽゜)「毎日、酵母から・・・?」

('・ω・`)「あ・・・はい。」

(゜▽゜)「大変じゃない?」

('・ω・`)「けっこう・・・でも、手間かかってしょうがないからそろそろ買ったんですよ。」

(゜▽゜)「炊飯器を?!」

('・ω・`)「ホームベーカリー」



男たるもの 一度選んだ道を、戻ることはできない。  ~ぴーたん~

ラストフレンズ3

そんなわけで2人でラストフレンズを観たわけですが。

まず日本のドラマのクオリティの高さに驚きました。
衣川は最近、ドラマといえば大学の喫茶店にあるテレビで観る お昼時のドラマ、いわゆる昼ドラしか知らなかったので、かなりのカルチャーショックでした。

1~3話を 2行 でまとめると、

「優しそうな彼氏が実はDV(ドメスティックバイオレンス)だったよどうしよ~でも好きだから別れなよとか言わないでね。あ、でも私ツライし、夜中に電話したり家に行くから友達は悩みは聞いてね。」

って話です。うん、面白かったです


DVが好きな人はいないと思うんですが、衣川は 特に DV嫌いです。

なんか、「お金がほしくて泥棒する」とか、「喧嘩して相手を殴る」みたいな普通の犯罪と違って、
DVって やってる本人が望んだことじゃない気がするんです。
仮に訴えられなくても、「大切な相手を傷付ける」のは、本人が望んだ結果じゃない気がするんです。

加えて、
被害にあってる側も「彼は暴力をふるうくらい私を愛してるの…」みたいなこと思ってる気が。

でも、他人が来たら暴力ふるうのやめるじゃん。

愛、その程度じゃん。


わたしがもし衝動的に家族・恋人に暴力をふるってしまう人間だったら、
「ごめん、もうやらないから」って言うだけじゃなくて
相手には一度警察に行って被害届出してもらうなり、防犯ベル持たせるなり、
物理的に「次から手を出しにくい状況」を作ると思います。

衝動に駆られたときはしょうがないとして
冷静なうちに相手を傷付けないような対処をしておくのは当然でしょ?


逆に自分が被害にあってる側だったら、
相手をそのままにはしないと思います。
だって相手は「理性でおさえきれないくらいの強いストレス」を感じているわけだから。
本人の主張する「怒っている理由(約束の時間に遅れた、など。)」を鵜呑みにしていくら謝ったって、
その人の本当の問題は解決しません。

怒りが爆発して、そのあと謝るというのがDVの決まったパターンらしいのですが、
謝ってきたときに「いっしょに病院に行こう。」と言ってカウンセリングを受けさせるのが愛じゃないのかなぁ・・・

骨折を自分で治そうとする人はいないでしょ?

DVだって立派な病気の範疇。
自分たちだけでどうにかしようとしてたって埒があかないんじゃないかと思った衣川でした。
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加