スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業医になろう

産業医になろう 
産業医になろうとふと思い立ちました。
産業医というのは、企業で働く人の心と体の健康を守る医師のことです。
ストレスチェックの導入などもあり、世間の産業医への関心は高まっているかと思います。
さて、産業医になる道はいくつかあります。
王道はやはり、産業医大に入る、です。産業医を育てるための大学ですね。
ですが、普通の医学部に入った場合でも、あとから産業医になることが可能です。調べるまでそんな道があるなんて知りませんでした。
じつは、普通の医学部をでた場合でも、産業医講習会の単位をとれば産業医になれるのです。
自治医大や防衛医大、産業医大などいろいろな大学で集中講習会が開催されています。連続した7日間だったり、日曜だけで受講できたりと、大学により様々。
私が申し込んだのは、八月のお盆シーズンに東京医科歯科大学で開催された講習会。申し込み受付開始と同時に予約が殺到するようで、すぐに申し込みは締め切られていました。しかしキャンセル待ちができるようです。
丸々7日間、朝から夜までぎっちりの講習を受ける必要があります。各講座が2時間とかあって、間の休み時間が五分。もはや、座り続ける自信がありません。
1~3日目 普通に、大学の講義のような感じで進んでいきます。
スポンサーサイト
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。