医師国家試験 アドバイス

さて、最近医学生さんに医師国家試験の勉強方法を聞かれることがあります。

医師になるには、6年生最後の卒業試験に受かり、
6年生の2月に医師国家試験(通称 国試)に受からねばなりません。

国試は、全国の医学生の9割が受かる試験。

余裕余裕!!

・・・と、思いますよね?


でも、実際、医学生が全力で勉強する中で1割が落ちるって、けっこうなものなのです。


私は学生時代、ほとんど勉強してませんでした。
ので、6年生になって死ぬ思いをしました。

いまだに国試前に戻った夢を見ます。


6年生のはじめに受けた模試の成績といったら…
それはもう不合格確実な成績だったので焦りました。得点率50%ちょっととゆー。

さて、医学生はたいてい二大予備校の「TECOM」か「MEC」のオンライン講座を観るわけですが。
TECOMは真面目でしっかりめな講義、MECは面白くて出るところだけをおさえる講義、といった印象です。

私ははじめはTECOMの講義をとっていたのですが、どうも観ていて頭に入りにくく1日2講座が限界で夏ごろまではなかなか成績が伸び悩んでました。
TECOMの内科を見終わった後に卒業試験が始まり、しばらく国試の勉強ができず。。
卒業試験が終わった10月頃からはMECの産婦人科を観始めました。

MECの講義がとても面白くてびっくりしました。
講義を聴きながら声を出して笑ってしまうことも多々。
(同じ自習室で勉強してる人には申し訳なかったです。)

こんなに面白いならはじめからMECを観ればよかった、と。
MECなら飽きっぽい私でも1日4コマくらい観れました。

その後は一気にMECの小児科、マイナー、公衆衛生を観て、11月中旬くらいからQB(クエスチョン バンク。過去問集です。)に本腰を入れて取り掛かりました。

QBは一周目問題(過去5年分と大事な問題のみ抽出された問題)だけ解きました。
国試を受けた実感として、一周目問題だけで充分だと思います。充分すぎるくらい。

じつは国試は出題者の先生の任期が4年らしく、過去3年分が一番大切です。(出題者はちょっとずつ入れ替えられるらしいです。)
過去問と同じような症例が出たり、去年の一般問題で出た知識が今年の臨床で出たり、といった感じです。

運がよければ過去3年分(答えを覚えて解説まで読む)+公衆衛生+必修問題だけ解いて受かる人もいるんじゃないかなー。

そんなわけで、1月末くらいまではQBの1周目問題を解き、「覚えてなかったことをすべてフセンにまとめて問題の横に貼る」とゆー勉強法でこなしていきました。
このころに受けたTECOM第4回模試では、ようやく70%程度の得点率。
「この調子で頑張りましょう」な結果が出せました。

その後は年度別の過去問集を3年分、解説まで読みながら解いていきました。

そして国試直前の数日間で今まで書いたフセンの見直しをバーっと。

直前の2週間くらいが一番国試の結果を左右するような気がします。
けっきょく、国試も卒試も短期記憶に頼る部分は大きいです。

あと、
私は時間がなくて模試の復習はあまり出来ませんでしたが、友人によるとけっこう模試と似た問題が出てたようです。

そしてラスト1週間くらいではMECの直前講習とTECOMの前日講座を受けました。

直前講座は、先輩から「当たる」とは聞いていましたが、「直前にやったことだから記憶に残ってて当たったように思うんだろうなぁ…」と、正直あんまり信じてませんでしたが、

実際当たります。

MECもTECOMも当たります。

試験に出る症例を知ってたとしか思えないような解説をしてくれます。
(予想ですが、予備校の先生は出題委員の先生が作った問題は知ってて、
でもどの問題が今年採用されたかは知らないんじゃないか、とか。)

そして国試本番。
1日目の問題が難しく、私もみんなもけっこう心折れそうでした。

試験会場で「あの問題何にした?」と話題にあがる問題はやはり難しい問題なので、友達と話題に上がった問題はたとえ間違えてても気にしないほうがいいと思います。
私は1日目の休み時間に何問も間違えが発覚して、禁忌ぽい雰囲気の選択肢を選んでいたりもしたので、2日目はもう朝からドン底でした。
底値でした。

友人「そういえばこないだ○○君が好きな子にコクロウとしてね~
…あ、ごめん」(NGワード:国浪)
私「いや、いいよ…」
…って、国試終わった後の卒業旅行で友人たちに一人だけ気を使われる私の姿が見えました。

しかし景気は回復するもの。
2日目、3日目の問題はわりとやさしめで、みんなひと安心。

予備校の採点結果では一般、臨床ともに80%ちょっととれてたので、安心して卒業旅行に行けました。

まぁ国試が終わって思うのは、
ビデオ講座を覚えなくていいからスピーディーにサラっと観る→QBの一周目問題を解く(公衆衛生、必修は全部解く)→年度別3年分(解説まで目を通す)→予備校の直前講座
で充分だったと思います。

向き不向きはあるかと思われますが、予備校の講座はあくまでも導入として使って、知識を定着させるのはQB1周目問題でいいと思います。
TECOMのテキストに載っている問題は私には難しく、ぜんぜん頭に入りませんでした。

ではでは、これから国試を受ける方のご健闘をお祈りします。
スポンサーサイト

合格発表

さて、実は先月、医師国家試験を受けてまいりました。
 
結果が今日出たのですが、なんとか合格とゆうことで晴れて4月からは研修医になります。
 
 
 
いやー、6年生のはじめに受けた模試の成績といったら…
それはもう不合格確実な成績だったので焦りました。得点率50%ちょっととゆー。
 
医学生はたいてい二大予備校の「TECOM」か「MEC」のオンライン講座を観るわけですが。
TECOMは真面目でしっかりめな講義、MECは面白くて出るところだけをおさえる講義、といった印象です。
 
私ははじめはTECOMの講義をとっていたのですが、どうも観ていて頭に入りにくく1日2講座が限界で夏ごろまではなかなか成績が伸び悩んでました。
TECOMの内科を見終わった後に卒業試験が始まり、しばらく国試の勉強ができず。。
卒業試験が終わった10月頃からはMECの産婦人科を観始めました。
 
MECの講義がとても面白くてびっくりしました。
講義を聴きながら声を出して笑ってしまうことも多々。
(同じ自習室で勉強してる人には申し訳なかったです。)
 
こんなに面白いならはじめからMECを観ればよかった、と。
MECなら飽きっぽい私でも1日4コマくらい観れました。
 
その後は一気にMECの小児科、マイナー、公衆衛生を観て、11月中旬くらいからQB(過去問)に本腰を入れて取り掛かりました。
 
QBは一周目問題(過去5年分と大事な問題のみ抽出された問題)だけ解きました。
国試を受けた実感として、一周目問題だけで充分だと思います。充分すぎるくらい。
 
国試は出題者の先生の任期が4年らしく、過去3年分が一番大切です。(出題者はちょっとずつ入れ替えられるらしいです。)
過去問と同じような症例が出たり、去年の一般問題で出た知識が今年の臨床で出たり、といった感じです。
 
 
運がよければ過去3年分(答えを覚えて解説まで読む)+公衆衛生+必修問題だけ解いて受かる人もいるんじゃないかなー。
 
そんなわけで、1月末くらいまではQBの1周目問題を解き、「覚えてなかったことをすべてフセンにまとめて問題の横に貼る」とゆー勉強法でこなしていきました。
このころに受けたTECOM第4回模試では、ようやく70%程度の得点率。
「この調子で頑張りましょう」な結果が出せました。
 
 
その後は年度別の過去問集を3年分、解説まで読みながら解いていきました。
 
そして国試直前の数日間で今まで書いたフセンの見直しをバーっと。
 
直前の2週間くらいが一番国試の結果を左右するような気がします。
けっきょく、国試も卒試も短期記憶に頼る部分は大きいです。
 
あと、
私は時間がなくて模試の復習はあまり出来ませんでしたが、友人によるとけっこう模試と似た問題が出てたようです。
 
そしてラスト1週間くらいではMECの直前講習とTECOMの前日講座を受けました。
 
直前講座は、先輩から「当たる」とは聞いていましたが、「直前にやったことだから記憶に残ってて当たったように思うんだろうなぁ…」と、正直あんまり信じてませんでしたが、
 
 
実際当たります。
 
MECもTECOMも当たります。
 
試験に出る症例を知ってたとしか思えないような解説をしてくれます。
(予想ですが、予備校の先生は出題委員の先生が作った問題は知ってて、
でもどの問題が今年採用されたかは知らないんじゃないか、とか。)
 
 
そして国試本番。
1日目の問題が難しく、私もみんなもけっこう心折れそうでした。
 
試験会場で「あの問題何にした?」と話題にあがる問題はやはり難しい問題なので、友達と話題に上がった問題はたとえ間違えてても気にしないほうがいいと思います。
私は1日目の休み時間に何問も間違えが発覚して、禁忌ぽい雰囲気の選択肢を選んでいたりもしたので、2日目はもう朝からドン底でした。
底値でした。
 
 
友人「そういえばこないだ○○君が好きな子にコクロウとしてね~
…あ、ごめん(NGワード:国浪)
私「いや、いいよ…」
…って、国試終わった後の卒業旅行で友人たちに一人だけ気を使われる私の姿が見えました。
 
しかし景気は回復するもの。
2日目、3日目の問題はわりとやさしめで、みんなひと安心。
 
予備校の採点結果では一般、臨床ともに80%ちょっととれてたので、安心して卒業旅行に行けました。
 
まぁ国試が終わって思うのは、
ビデオ講座を覚えなくていいからスピーディーにサラっと観る→QBの一周目問題を解く(公衆衛生、必修は全部解く)→年度別3年分(解説まで目を通す)→予備校の直前講座
で充分だったと思います。
 
向き不向きはあるかと思われますが、予備校の講座はあくまでも導入として使って、知識を定着させるのはQB1周目問題でいいと思います。
TECOMのテキストに載っている問題は私には難しく、ぜんぜん頭に入りませんでした。
 
ではでは、これから国試を受ける方のご健闘をお祈りします

語呂合わず

さて、テスト期間です。
 
 
毎度毎度のことですが…
 
(゜▽゜)「ひったすらおぼえること多いー!」
 
(´・ω・`)「語呂合わせでおぼえるといいよ。」
 
(゜▽゜)「ぴーたん君は面白い語呂思いつきそうだよね。」
 
 
(・_・)「語呂合わせっていつも考えてることがあらわれるもんね。」
 
みけはあんまり語呂を使わず、理解しておぼえる派です。
 
 
(´・ω・`)「やー、でもなかなか思い付かなくて。
なんかガンっていろんなホルモン出すらしいんだけど、種類がめちゃくちゃ多いんだ。」
 
(゜▽゜)「そうなの?!」
 
(´・ω・`)「うん、
小細胞癌はADHとACTH、
大細胞癌はhCG、
扁平上皮癌は…」
 
 
 
 
覚えられる、わけがない。
 
 
(^^)「やれやれ…、きみたちそんなことも覚えてないのかい?」
 
(´・ω・`)「りゅう、もう覚えたのか?!」
 
(^^)「しょうがない、おぼえかたを教えてあげよう。」
 
 
(^^)「いいかい?
小細胞癌は小さい。小さいからAカップだ。だからAではじまるやつ。
大細胞癌は大きいから、Hではじまるやつ。
 
 
(´・ω・`)「りゅう…、ぜったい理解してないだろ。」
 
 
(^^)「もちろん!!
いいんだよ、語呂合わせでもテストに通りさえすれば!」
 
 
~テスト終了後~
 
(゜▽゜)「難しかったね~。」
 
(・_・)「でも、りゅう君が言ってた癌とホルモンの組合せバッチリ出たね。
あの語呂で覚えちゃった敗北感。」
 
(^^)「ラッキーだったなー!
でも一個おぼえてないのがあったんだけど、CRHってホルモンは何癌から出るんだい??」
 
(・_・)「あ、語呂作ってなかったんだ。
CRHは小細胞癌だよ。
 
(^^)「……な!そんな…そんなばかな!
 
(´・ω・`)「どうした、りゅう。一個間違えたくらいで。」
 
 
 
 
 
(^^)「Cが小さいって言うのか?!
 
 
 
Σ(´・ω・`)(・_・)(゜▽゜)「誰もそんなこと言ってない!!」

しゅうかつっ!

さて、就活シーズンです(゜▽゜)

医学部は卒業後に初期研修という名の丁稚奉公があるのですが。

研修したい病院に見学に行ったり、入社試験のような試験を受けなければならないのです。

いわゆる就活です。


履歴書を書くのも一苦労。

(^^)「志望理由どうしよ…」

りゅうくんまでが真面目な顔で履歴書に向き合っています。


(゜▽゜)「この病院で働きたい理由かぁ…何書こう…」


入りたい病院のことを調べて、入りたい思いを伝える。それだけのことがすごく難しいんです。


(^^)「そもそも、できれば働きたくないしな。」

それを言ったら。


(^^)「だいたいさぁ!なんなんだよ、この履歴書は!!」


りゅうくんは時々突沸します。

Σ(´・ω・`)「どうした?!」
ぴーたんくんがびくっと飛び上がりました。


(^^)「いや、病院の指定してきた履歴書なんだけどさ。」


(^^)「自己PR書く欄(200文字程度)、当院の志望理由(200文字程度)、当院の研修に望むこと(200文字程度)」

(´・ω・`)「普通じゃないか。」

(^^)「こんなん、

ね~、あたしのどこが好き?

って聞きまくってくる女の子と同じじゃないか!」


(^^)「だいたい!こっちにばっか個性求めるけどなぁ!
そっちだって別にたいした特徴ないだろ、
救急の受け入れが多いです!
とか
カリキュラムが整ってます!
とか、


…そんなんどこの病院だってやってるわ!!」


(´・ω・`)「…。」


(^^)「…と、言いたい。」

(´・ω・`)「わかるけども。」

(^^)「もう一言よろしいでしょうか?」

(゜▽゜)「どうぞ。」


(^^)「じゃぁわかった、こっちの個性はこっちが言うよ。だからせめてそっちの個性はそっちが言えよ!!」


りゅうくん、だいぶ鬱憤がたまってます。

(^^)「よし、俺たち次に受ける面接で面接官を質問攻めにしてやろうぜ。

ぬくぬくと安全地帯から質問の空爆を投下し続ける面接官たちに一泡ふかせるんだ!」


Σ(´・ω・`)「一人でやれよ!
面接官一泡ふかせたら落ちるだろ!」


就活中のみなさん、たとえ圧迫面接にあっても、動揺しないでがんばりましょう。

東京逓信病院を受けるひとのマッチング対策

私たちの間でまわってたマッチング対策です。


内分泌・代謝内科
・Ⅰ型DMについて
・糖尿病性ケトアシドーシスについて
・循環血漿、組織間液、細胞内液について
・アルドステロンが下がる疾患は?
・副作用で血中尿酸が上昇する薬剤は?
血液内科(5問、選択肢数:5)
・髄外造血をおこすものは?
・PTに関係のないものは?
・血液検査と使用する薬剤の組み合わせ
・骨髄穿刺にて骨髄液が得られない(dry tap)疾患は?
・赤血球数が上昇するものは?
神経内科(10問、選択肢数:4)
・球脊髄性筋委縮症について
・第一骨間筋の支配神経は?
・脳梗塞の原因とならないものは?
・CPKの上昇しない疾患は?
・顔面神経麻痺をおこさないものは?
・深部感覚線維の経路ではないものは?
・髄液検査での異常所見は?
・傍腫瘍症候群について
・パーキンソン病の治療薬でないものは?
・左頭頂葉の障害でおきにくい症状は?
消化器内科(4問、選択肢組み合わせ)
・黄疸の患者に対する初期検査
・逆流性食道炎について
・C型肝炎について
・自己免疫性膵炎

循環器内科
・労作性狭心症について
・不整脈について
・心不全について
・高血圧について
・ジギタリス中毒について
・トロポニンTについて

呼吸器内科
・喘息の治療の第一選択
・びまん性汎細気管支炎の治療
・クラミジア肺炎の治療薬
・肺炎球菌感染の検査
・サルコイドーシスの検査所見(CD4/CD8比)
・マイコプラズマ肺炎の治療薬
・Ⅱ型呼吸不全に分類される疾患
・喫煙と関係のある肺癌
・悪性胸膜中皮腫の胸水所見
・難治性の喀血時に塞栓術を施行する血管は?
・最も予後の悪い肺癌は?
・アレルギー性肺アスペルギルス症の診断の根拠となる検査所見は?
・MPO-ANCA陽性となる疾患は?
・Churg-Strauss症候群を疑う症状は?
・肺線維症に使用する薬剤
・イレッサが著効するのはVEGFにどのような変化がおきている時か?
・結核の検査(クウォンティフェロンについて)
・睡眠時無呼吸症候群の治療
・肺塞栓症を疑う検査所見
・小細胞癌の寛解期における治療方針

消化器外科
・大腸癌について
・GISTについて
・甲状腺がんについて
・IPMNについて
・Crohn病について

呼吸器外科
・自然気胸は中年男性に多い
・緊張性気胸では縦隔が健側に偏位する
・どんな気胸でも必ずドレナージを行う
・気胸の治療では胸腔鏡を使うことがある
・胸腺腫は筋無力症と関係がある
・胸腺腫は良性疾患である
・奇形腫の発生部位は後縦隔である
・神経原性腫瘍は若年者では悪性のことが多い
・悪性胸膜中皮腫は予後不良である
・Ⅲa期の小細胞癌では手術療法を選択することが多い
・Ⅲb期の扁平上皮癌には手術適応はない
・肺癌の治療で胸腔鏡は使わない
・右中葉はS4.5.6からなる
・30mmの肺癌においては肺区域切除が選択される
・転移性肺癌においては肺葉切除が選択される
・肺分画症で多いのは肺葉内肺分画症である
・肺塞栓症の診断には造影CTが有用である
・腺癌は末梢に多い
・呼吸困難の患者において、呼吸器系か循環器系どちらの異常によるものかの診断においてBNPが有用である


*消化器内科・外科
・早期胃癌の内視鏡治療の適応
・潰瘍性大腸炎の大腸癌発生の危険因子
・大腸癌の好発部位
・C型肝炎:RNAかDNAか、肝硬変から癌になる確率など。
・急性閉塞性化膿性胆管炎の症状、治療

循環器内科
・AMIの合併症(心破裂)が生じる時期、心電図
・心不全の症状から左右を判断
・WPWの治療でCa拮抗薬の作用
・リドカインの作用
・ARとASについて
・胎児循環について(5問)
・解剖(5問)

内分泌
・DMの運動療法で行ってもよい患者の状態
・電解質異常→高Na,高K,高Ca,高P,高Mgで意識状態を起こすものを2つ
・DMの診断基準、Ⅰ、Ⅱ型の区別
・先端巨大症でみられる症状
・痛風発作時の治療、メタボリックシンドロームの基準
・膠原病、多発筋炎のマーカー

血液
・APLについて
・再生不良性貧血について
・血友病について
・DICの診断基準にないもの→Dダイマー

呼吸器外科・内科
・カリニ肺炎の診断と治療→β-DグルカンとST合剤
・石綿肺の診断に有用なもの
・小細胞癌のマーカー
・乳癌のオペ適応の基準
・肺気腫の治療→抗コリン薬吸入
・DPBについて→HLA-B54
・アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の治療→経口ステロイド
・サルコイドーシスの診断
・胸腺腫と神経原性腫瘍の好発部位

神経内科
・パーキンソン病の症状
・進行性核上性麻痺の症状でみられるもの
・インターフェロンβの治療効果があるもの→多発性硬化症
・MRIで診断できないもの→てんかん
・アスピリンで再発予防をするのは→脳梗塞
1このエントリーをはてなブッ クマークに追加